Taiwan_logo
Back
news_title news_pic

六福村がLineup施設予約Appを導入、行列なしでたくさん遊べる

旅行シーズンや連休になるたびに、国内のテーマパークはどこも人も群れで、パークで遊びたいと思ったら、辛抱強く遊園設備の前でほかの人と一緒におとなしく並ばなければなりませんでしたが、もうそんな苦労をしなくてもいいようになりました。六福村では画期的な行列サービス管理の「Lineup」入場予約Appを使用すれば、遊楽施設の入場時間と人数が予約でき、時間になれば通知してくれて、家族やグループの時間がスケジュールできるので、思い切り施設を楽しむことができます。

パーク内の行楽客に品質のより遊び体験とサービスを提供するため、交通部観光局は革新産業が開発した行列サービス管理システムLineupを通じ、六福村テーマパークの行楽客行列サービスの需要と結びつけ、国内初のLineupを使用した入場予約モデル地区を創造しました。

六福村は、行楽客は六福村テーマパークに来て、Lineupを使用して現在9種類の施設入場が予約できる。将来は使用状況を評価して、徐々にその他の遊楽施設もLineupのサービスに納入する。施設入場時間予約はそれ自身が非常に便利なではなく、Lineup Appのメリットはさらに予約方法が至極簡単で、しかもパーク内のどこででも予約できることにある。さらに近距離のブルートゥース送信のため、インターネットではなく、パーク内でしか予約できない。従ってすべての予約が有効な予約になると、話しています。中秋連休の前に、六福村テーマパークはすでにLineupスマート行列サービスを開放し、行楽客はLineupスマホAppをダウンロードし、ブルートゥースをオープンして遊楽施設を感応すれば、入場人数を設定し施設に乗る時間が予約できるため、どの施設で遊ぶか全て自分でスケジュールできます。これまでの長時間、大勢の人と行列して待つのと比べて、貴重な時間を節約してその他の施設で遊んだり、あちこちブラブラでき、スマホに入場通知があれば、すぐその施設で遊べます。

六福旅行グループ運営執行長の荘豊如さんは、これまで人が多い休日は、1人の行楽客は長時間並んで1日に5種類の施設でしか遊べなかったが、現在はLineupの入場予約を利用することで、16種類の施設で遊べる。行楽客にとってまさに大きな福音だと、述べています。観光局代理局長の劉喜臨さんは、数日の試験運用を経て、顧客のLineupに対する満足度は8割以上に達していると、語りました。

このほか、Lineupを通じて、パーク内のレストランや商店の不定期のサービスや引換券も取得でき、六福村でもスマートな消費が楽しめ、喜びと思わぬラッキーが発掘できます。劉代理局長は、「Lineupスマート行列サービスはビッグデータと結びついた分析を通して、テーマパーク業者に行楽客のパーク内での行為軌跡を理解させ、行楽客のアウトラインが分かった後、業者はマーケティング戦略を調整して、パークのCP値を向上させることで、行楽客と業者にウィンウィンの局面をもたらす。将来はさらにこのサービスを国内のその他各テーマパークに推進して、全面的にテーマパークのサービス品質を向上させたい」と特に説明しました。

代理局長は、ディズニーランドやユニバーサルスタジオのFast PassやExpress Passのチケット方式と比べて、Lineupはさらに便利で、先進的だと述べています。