Taiwan_logo
Back
news_title news_pic

台湾鉄道と台湾喔熊が手を組んで開発した新しい「喔熊キャプテン」弁当 ヘルシーなおいしさを追求

交通部観光局のスーパー任務チーム「喔熊キャプ移転」が再び台湾鉄道局と手を組みました。今回は新年度に「喔熊キャプテン」と同じ名前の弁当を開発して、2月8日に50個をテスト販売した後、観光節に合わせて2月9日より正式に販売を開始しました。

観光局は、喔熊キャプテンの新年度に特に台湾鉄道局餐旅総所と協力して開発した台鉄弁当は新しいおかずでヘルシーなおいしさを追求している。喔熊キャプテン台鉄弁当にはモチモチして栄養がある「黒紫米」をベースにして、とり年を象徴する鶏卵、及び雲林の名産ピーナッツを組合わせ、油や塩の使用を控えた全て手作りで調理しているため、観光客にはおいしさのほかに爽やかで体に負担のない弁当が味わっていただけると話しています。

台湾鉄道局は、喔熊キャプテン弁当には「喔熊梅花焼肉」と「黒米珍菇蔬食」の2種類があり、台鉄弁当に新しい選択を注入した。その中で、「喔熊梅花焼肉弁当」は上等の梅花豚肉をメインのおかずに採用していて、まず梅花肉を糸で型に縛り、醤油をつけて油で揚げて味を閉じ込め、さらにつけ汁に漬けて冷やした後、スライスした。副菜は雲林特産のジャガイモを厳選し、カリフラワー、赤パプリカ、トウモロコシ、インゲンマメ、千切りノリ、味付けゆで卵を合わせている。

「黒米珍菇蔬食弁当」は濁水渓沿岸で盛んに栽培されているモチモチした食感と栄養たっぷりな黒米を主食にして、エリンギ、白しめじ、マッシュルーム、シイタケ、味付け乾燥豆腐、各種季節の野菜を組合わせた。キノコ類と野菜の組合せで多糖体や葉緑素が豊富に含まれ、ベジタリアンの人々にも栄養とおいしさを兼ね備えた選択が提供できたと話しています。

喔熊キャプテン弁当の販売地点は台湾鉄道台北駅1階西3門台鉄夢工場で、2月8日(水)に2割引きの80元で50個をテスト販売し、2月9日観光節慶祝大会に1個80元の特価で100個を数量限定販売した後、2月10日よりは原価の100元に戻し、午前10時より午後1時まで数量限定で100個を販売しています。「喔熊梅花焼肉」を食べた消費者の廖さんは、弁当はカラフルで食感も爽やか、脂っこくなく、おかずも豊富でおいしかったと絶賛していました。