メインコンテンツブロックにスキップ Tメインコンテンツブロックにスキップ Tメインコンテンツブロックにスキップ Tメインコンテンツブロックにスキップ
::: サイトマップ
Menu
::: オーベアニュースに戻る

台湾の日本の地方自治体のスタッフは、自転車に1週間台湾を一周するように挑戦し、2021年の日台湾友好年を開始しました。

311年東日本大震災は2021年に10周年を迎えます。「日台湾交流会」は、台湾の人々に、寄付、地震物資の提供、緊急救援隊の派遣など、さまざまな寄付をしてくれたことに感謝します。 「日・台湾友好年」では、台湾と日本が協力して、あらゆるレベルでの交流を深め、台湾と日本の友情を温めるための一連の活動を行います。

台湾人にとってやらなければならないことの3つは、玉山に登る、太陽月湖を泳ぐ、島を一周することです。今回は、日本の静岡県から台湾に駐在していた宮崎ての3人の監督と、沖縄、福岡、絵姫、三重、群馬郡、笠間市(イバラキ県)、恵那市(ギフ郡)をはじめとする台湾の8郡・市の職員が「日・台湾友好・島を巡るサイクリング」計画を実施し、台湾に最も近い土地を選んだ。島をサイクリングして台湾を深く知り、運輸省観光局の「2021自転車観光年」活動のためにウォームアップするためのフレンドリーな方法。